クレジットカード情報が盗まれる!悪用されないための注意点
現金化業者一覧 都道府県別に探す

クレジットカードが悪用されたらすぐ利用停止の手続きをしましょう。

お問い合わせはこちら
フッターメニューへ

フィッシング詐欺が増加傾向|被害金額を小さくする対処法

クレジットカードを悪用された時の対処法を知っておきましょう。まずはカード会社へ連絡して利用停止にし、被害の拡大を防ぐようにしてください。警察へ連絡するのと同時に、家族や友人に被害が出ていないか確認するのも大切です。

クレジットカード悪用のケース

パソコンからクレジットカードに伸びる手

クレジットカードを持っているなら、第三者に不正利用されないように注意しましょう。
自分は大丈夫、という根拠の無い自信を持っていると、いざという時に大きな被害が出てしまいます。
どのようにしてクレジットカードの悪用は行われるのか、その対処法も含めて確認して行きましょう。

近年、クレジットカードが悪用されるケースとしてはフィッシング詐欺が増加傾向にあります。
カードのパスワードを変更してください、カードが無効になっています、このような文言でメールが送られて来るのです。
そのメールのURLにはニセモノのクレジットカード会社が表示されており、指示通りに情報を入力すると悪用されてしまいます。

キャンペーンに当選しました、という文言にも気を付けなければなりません。
一見しただけではニセモノだと見破るのが難しいため、被害が増えてしまうのでしょう。
他にも、ニセモノの通販サイトに誘導されてしまい、そこで入力した情報が盗まれるケースも確認されています。
日本語が怪しいサイトや極端に安い商品が売っているサイトは警戒するようにしてください。

いつ、誰がクレジットカードを悪用されてもおかしくない時代です。
セキュリティーを強化するのはもちろん、悪用されたらすぐに気付けるように身構えておくのが大切でしょう。
カード利用時にメール通知や来るようにしたり、関連アプリをインストールして常に履歴を見れるようにしたりして対処してください。

悪用されたらカード会社へ連絡

クレジットカードが悪用されていると感じたら、すぐにカード会社へ連絡しましょう。
そして不正利用の疑いがあると伝えてカードの利用を停止してもらうのが重要です。
利用停止の状態にすれば被害金額を小さく出来ますし、犯人の利益を最小限に抑えることが出来ます。

場合によっては被害金額をカード会社が補填してくれるので心配しなくて大丈夫です。
しかし、個人の過失が大きい場合はその限りではありませんので注意してください。
暗証番号をクレジットカードの裏面に記載するなど、パスワード管理が甘いケースは補填の対象外になることもあります。

とにもかくにも、補填の有無に関わらず利用停止の対応は必須です。
不正利用に気付いたら、その場ですぐにカード会社へ連絡するようにしましょう。

警察へ連絡を行う

カード会社への連絡が終わったら、次は警察へ連絡を行ってください。
クレジットカードを盗まれたのなら盗難届が必要ですし、原因が分からないなら調査を行わなければなりません。
どこから情報が盗まれたかを特定出来れば、二次被害の抑制に繋がるので警察へ協力するようにしましょう。

時々、大袈裟に騒ぎたくないと思って警察へ届け出ない人がいます。
しかし、それは被害の拡大を招くかもしれないので危険です。
例えば、盗まれたものがクレジットカードの情報だけではない恐れがあるのです。
個人情報が盗まれている恐れもありますし、パソコンやスマホにウイルスが仕込まれているかもしれません。
被害の拡大を防ぐためにも警察に丁寧な調査をしてもらうのが安全でしょう。

家族や友人へ伝える

クレジットカードを悪用されたら、すぐに家族や友人へ伝えるようにしてください。
スマホやパソコン等から家族や友人の個人情報までもが盗まれている恐れがあるからです。
次のターゲットが親しい人になるかもしれないので、悪用された事実を伝えて警戒してもらう方が良いでしょう。

また、家族や友人が既に被害を受けており、そこから自分の個人情報などが漏れたとも考えられます。
周囲で同様の被害が発生していないか確認するのは非常に大切です。
悪用された事実を隠したくなる気持ちも分かりますが、積極的に情報共有した方が結果的に防犯効果を高めるでしょう。