現金化業者一覧 都道府県別に探す

法人カードと個人カードの違い、現金化の関係性について詳しく解説していきます。

お問い合わせはこちら
フッターメニューへ

クレジットカード現金化業者が法人カードを優遇する理由

法人カードと個人カードの違いは申込審査や複数枚発行、分割払いの有無に違いがあります。クレジットカード現金化業者が法人カードを優遇するのは、ビジネス利用は単価が大きくリピート率も高いからです。

法人カード個人カードの違い

法人のクレジットカード画像

・家族の人数分しか追加発行できない個人カードに対して、法人カードは複数枚作れる(一部制限あり)
・法人カードは原則、分割・リボ払いができない
・法人カードの方が高額な限度額に設定しやすい
・法人カード申込時には法人と経営者(申請者)の双方を審査される

法人カードを作る目的

法人カードは後払い決済にできるので資金回転を良くできるメリットもありますが、経営者の多くは税金対策のしやすさを一番の目的にしています。
現金を個人用と会社用で分ける手間も少なくなりますし複数枚発行して従業員や役員へ持たせることもできます。
利用履歴も確認できるので、資産管理もしやすいです。
ETCカードを複数枚作れるのも魅力です(所有している車×5台を上限)、社長のみの個人経営や個人事業主と従業員の多い大企業の双方で幅広いメリットがあります。

現金化業者が法人カードを優遇する理由

クレジットカード現金化を活用する法人の多くは売掛金対策にしているケースが多です。
売上を上げても入金は翌月末や翌々月末にしている取引先も多く、仕入れ費用や運転費用で資金回転効率が悪くなってしまいます。
特に仕入コストが高い小規模業者は、大きい仕事を受注した時にクレジットカード現金化で資金調達することも多いようです。 法人カードを所有している顧客は、1回で決済する金額が大きく、繰り返し利用する上客が多い傾向にあります。
現金化業者からしてみれば、カード会社に支払う手数料は原則個人カードでも法人カードでも同じです。
1回の取引で大きな金額を決済してくれる法人の方が、業者からするとありがたい存在であるのが正直なところでしょう。

法人カードの審査は厳しい

法人カードを作るには、黒字決算の実績や安定性など幅広い項目で個人よりも厳しい審査を行っています。
会社経営者でも法人カードを作れずに社長名義の個人カードを仕事用で使っている人も多数います。
経費計上するにあたっては個人カードを使っても問題ありません。
会社を経営するなら、景気が良くてカード発行審査に通る見込みがあれば、必要性を感じなくても作っておくと安心です。
一部のクレカ現金化業者は個人名義のカードでも用途がビジネス利用なら換金率を優遇してくれる場合もあります。

年会費無料法人カード

法人カードも個人向けカードと同じで年会費無料のカードと有料のカードがあります。
個人向けの年会費無料で人気の楽天カードでもビジネスカードでは2,160円の年会費がかかるなど人気カードの種類も変わってきます。

また、法人は従業員用に複数枚のカードを活用する需要も大きく、追加カードの発行手数料や年会費もポイントになってきます。
年会費無料でオススメの法人カードをまとめました。(2018年最新版)

年会費無料でオススメ法人カード

年会費無料のクレジットカード3枚
ビジネクスト法人カード

年会費、追加カード年会費、ETCカード発行手数料無料

ビジネクストはビジネスローンで人気の会社です。 法人カードの中では審査も緩くて限度額100万円以下であれば代表者の本人確認書類のみで審査可能です。 カード提示のみで利用できるレンタカー割引など事業者に喜ばれる付帯サービスも充実しています。 個人やフリーランスでも利用できて小規模業者に人気です。

三井住友ビジネスクラシックカード for Owners(一般)

インターネット入会で初年度無料、マイ・ペイすリボ申込で翌年度以降も無料、追加カード年会費432円

登記簿謄本、決算書の提出不要で手軽に申込できます。 大手の一般向けカードでも人気で、代表者の三井住友カードのクレジットヒストリーを審査で反映されるケースもあります。 将来的にはゴールドやプラチナへのステップアップも可能で、利用履歴に応じて限度額増額も柔軟な対応を受けられます。

P-one Business MasterCard

年会費初年度無料、一度の利用で翌年度以降も無料、追加カード年会費

代表者、個人事業主との個人契約になるカードです。 追加カードも6枚まで発行できて最高限度額は300万円です。

ライフカードビジネス

年会費永年無料、カード発行枚数上限なし、付帯保険なしのシンプルなカード

カード1枚あたり年会費2,000円のゴールドカードも人気です。 一般カードでも最大限度額は500万円で、とにかく法人用カードを安く使いたい人におすすめです。

年会費無料カード需要は低い

法人の場合は年会費1,000~2,000円程度のカードの方が無料カードよりも人気があります。

有料カードは付帯サービスの充実や最高限度額などスペック面で優遇されます。
法人カードなら年会費も経費計上できるので多少のコストをケチってスペックの低くなるリスクを嫌がる経営者が多いです。

法人カードでもポイントは貯まるので、利用頻度次第で年会費は簡単に元を取れます。
年会費数万円以上のカードも法人向けは需要が高いです。

現金化業者からしてみれば、カード会社に支払う手数料は原則個人カードでも法人カードでも同じです。
しかしお客の質が高いため法人カードを利用する場合は換金率を優遇して薄利でも顧客を獲得しようとしています。

法人向けのクレジットカード現金化についてさらに詳しく知る

法人カードを作るには、黒字決算の実績や安定性など幅広い項目で個人よりも厳しい審査を行っています。