特定の相手にしか使えないパーチェンシングカード|不正利用のリスクがない
現金化業者一覧 都道府県別に探す

パーチェンシングカードは知名度は低いものの、企業間の取引に役立ちます。

お問い合わせはこちら
フッターメニューへ

コスト削減に繋がる無駄を見つけられる!【パーチェンシングカード】

パーチェシングカードとは、企業間の取引をスムーズに行う目的で利用されるものです。特定の取引先にしか振り込めないように出来るので、不正利用のリスクを減らせます。支払いの一元化やデジタル化によりコスト削減に繋がるのも魅力的でしょう。

パーチェシングカードについて

クレジットカードを手に浮かべる男性

あまり聞き馴染みの無い名前ですが、立派なクレジットカードの一種です。
主に企業向けのクレジットカードなので個人では使えず、目にする機会も少ないのです。

パーチェシングカードとは、企業間の取引をスムーズに行う目的で利用されます。
システムやソフトウェアの利用料、公共料金や水道光熱費、こうした支払いは毎月発生するでしょう。
そうした支払いに通常のクレジットカードを作成すると、企業にとって様々なリスクが発生します。
クレジットカードの不正利用、盗難や紛失などが発生するかもしれません。

そこでパーチェシングカードを利用するのです。
パーチェシングカードは特定の企業や団体にしか振り込みを行えないように出来ます。
これにより不正利用を防げますし、プラスチックの物理的なカードも発行されないので紛失のリスクを回避出来るでしょう。
企業がコストカットや安全性を重視した結果、誕生したのがパーチェシングカードなのです。

具体的なメリット

パーチェシングカードのメリットはいくつかあります。
まず、特定の取引先にしか振り込めないように出来るので、不正利用される恐れがありません。
キャバクラや高級レストランなど、個人が不正にカードを利用してしまう心配が無いのです。
当然、会社のお金を個人の口座へ振り込むことも不可能です。
クレジットカードの利便性は残しつつも、リスクを徹底的に排除したのがパーチェシングカードだと言えます。

次に、プラスチックの物理的なカードが発行されない点がメリットです。
紛失や盗難のリスクが無いので企業は安心して利用出来るでしょう。
ネットでカード番号や暗証番号を登録して利用するので、複数の人が同時に使えるのも高評価です。

他にも、法人単位や部署単位でパーチェシングカードを発行出来ます。
個人名を必要としていないので、担当者の離職でカードを作り直す手間も無いでしょう。
企業のリスクを排除し、利便性を追求したパーチェシングカードにはこうしたメリットがたくさんあるのです。

デメリットもある

特定の取引先にしか利用出来ないので、突発的な買い物には不向きです。
リスクを排除した結果、自由度は無くなっているのがデメリットだと言えるでしょう。
イレギュラーな状況でクレジットカードが必要になったら、パーチェシングカード以外を使わなければなりません。 そうなると、法人のクレジットカードも用意する必要が出て来ます。 結局は複数のクレジットカードを管理することになるので、すべてのリスクが排除出来る訳では無いのです。

また、物理的なカードが無いので飲食店や実店舗での買い物にも不向きです。
あくまでも頻繁に振り込みがある企業間の取引を合理化する目的なのです。
こうしたデメリットがあるので、パーチェシングカードで合理化をする部分と、そうではない部分を切り分けるのが良いでしょう。

コスト削減支出管理

パーチェシングカードは人件費や管理コストを削減出来るのが魅力的です。
従業員が使用したクレジットカードの情報を集計する必要もありませんので、支出管理を一元化出来るのです。
従業員が使用したクレジットカードの情報を集計する必要もありませんので、支出管理を一元化出来るのです。

お金の流れも明確になるので、コスト削減に繋がる無駄を見つけられる可能性もあります。
商品や物品購入の際に、何段階もの社内承認を受ける必要も無くなるので生産性がアップします。
経営者や事務職の人は、パーチェシングカードの導入を検討してみるのも良いかもしれません。