クレジットカードの中でもブラックカードは持っているだけで周囲の尊敬を集めます。

twitter facebook google plus
無料ご相談受付はこちら
フッターメニューへ

ブラックカードを手に入れるための条件のまとめ

ブラックカードと呼ばれるクレジットカードを持つための条件をまとめました。年収のほかに高い総合評価が必要となってきます。

ブラックカードを持つステータス

クレジットカードの中でも選ばれし者が持つブラックカード

一部のセレブだけが持っているクレジットカード、それがブラックカードです。
テレビドラマで芸能人やIT社長が自慢げに使っているシーンを見たことがあるでしょう。
選ばれた者しか持てない、持っているだけで周囲の尊敬を集める、まさに権力の象徴とも言えます。

ブラックカードを持ちたいと夢見る人も少なく無いでしょう。
恋人や知人との食事の際に、会計をブラックカードで済ませたら素敵です。

ブラックカードを持つための条件とは

では、そもそもブラックカードを手にする条件とは何なのでしょうか?
どうすればブラックカードを持てるのか、その条件を追及してみたいと思います。

まず大前提に、年収が1000万から2000万程度無いと持てないとされています。
されている、という曖昧な表現になっているのは、ブラックカードに必要な年収が世間に公表されていないからです。
ブラックカードを持つ人は例外なくお金持ちですが、年収がいくら以上かは明確にされていないのです。
ただ、実際にブラックカードを手に入れた人の年収を見て行くと、年収は1000万以上必要となりそうです。

次に、クレジットカードを利用した履歴も重視されます。
毎月10万の買い物しかしない人と毎月100万の買い物をする人であれば、間違いなく後者の人にブラックカードが送られるでしょう。
さらに、利用しているショップも審査の対象となっています。
激安の量販店で大金を使う人と、ブランド商品にお金を使う人であれば、高級志向の方が有利に働きます。

個人のステータスも重要となります

クレジットカードを持っている個人のステータスも重要です。
グレーな仕事でお金を稼いでいることが発覚すれば、ブラックカードを手に入れることは出来ません。
非合法の人にブラックカードを渡してしまえば、カード会社の名前も傷付いてしまうからです。

年収だけでもダメですし、大金を使っていれば良い訳でもありません。
総合的に高い評価を得るセレブだけが、ブラックカードを持つ資格を有しているのです。

ブラックカードと呼ばれるクレジットカードにはいくつか種類がありますが、どれも似たような条件が課せられるでしょう。
中には500万程度の年収でもブラックカードを手にした人が居ますが、それは利用する金額が高いのです。
細かい条件の差はあれば、一般人には手が届かないのは変わりありません。
簡単に手に入らないからこそ、持ち主のステータスとなるのでしょう。
ブラックカードに憧れるなら、ちょっと無理してでもランクアップが狙えるクレジットカードを持つのもありです。