支払いをなるべくクレジットカードにすることによりポイントなどの恩恵が受けれます。

twitter facebook google plus
無料ご相談受付はこちら
フッターメニューへ

月々の支払をクレジットカード払いへ-ポイント還元について

水道光熱費、スマホの携帯料金、国民年金などは毎月固定で支払うものはなるべくクレジットカードで支払うべきです。

日々の支払いはカード払いにして得しよう

クレジットカードで買い物を支払うイラスト

クレジットカードを所持しているなら、日々の支払いを積極的に行って行きましょう。
現金で払う時代は終わりを告げようとしているのです。
払い忘れが無く、現金よりもお得で、素早く手間なく決済出来るクレジットカードはまさに魔法のカードです。

水道光熱費をカード払いで

クレジットカードで支払うべきものとして、まずは水道光熱費が挙げられます。
水道料金や電気代は、定期的に必ず支払わなければならないものです。
払い忘れを避けるためにも、クレジットカードを登録して自動引き落としにしておくのが良いでしょう。

また、支払いの金額が高いので、ポイントも貯まりやすいのでおすすめです。
クレジットカードには還元率が設定されており、大体1%から2%ほどになっています。

年間で10万の支払いをしたのなら、2000円が手元に戻って来る計算になります。
たったそれだけかと思うかもしれませんが、現金で支払いをすればそもそも手に入らないお金です。
それが手に入るのですから、確実に入手しておく方が良いでしょう。

水道光熱費の他に、ガス代も引き落としにするのが良いです。
さらにはスマホの携帯料金やインターネット回線の支払いもクレジットカードにするべきです。
毎月支払いが発生するものは、すべてクレジットカードで支払う設定にしておくのがベストでしょう。
国民年金もクレジットカードに対応しているので、積極的に利用してみてください。

日常的な買い物もカード払い

日常的な買い物でも同様です。
コンビニであろうとスーパーであろうと、クレジットカードが使用出来るなら使うべきです。
なぜならポイントが貯まって、現金で支払いをするよりもお得だからです。

上記の支払いをすべてクレジットカードで行ったらどうなるでしょうか?
年間の支払いは100万円を超えるはずです。

現金であれば何も手元に残りませんが、クレジットカードならポイントが残ります。
それも2万円程度の価値があるでしょう。
このような理由から、クレジットカードで支払うべきものがあるのです。

ちなみに、クレジットカードには提携しているお店がいくつも存在しています。
その提携店でクレジットカードを使用すれば、ポイントが倍になるケースがあります。
ネット通販等をうまく利用すれば、ポイントが10倍以上になる可能性も秘めています。

クレジットカードで支払うメリットがどれだけ多いか、現金支払いのデメリットがどれだけ多いか理解出来たでしょうか?
毎月引き落とされる支払いや日常的な買い物では、出来るだけクレジットカードで支払いをするべきなのです。

⇒クレジットカードを作るには