法人カードと個人カードの違い、現金化の関係性について詳しく解説していきます。

お問い合わせはこちら
フッターメニューへ

クレジットカード現金化業者が法人カードを優遇する理由

法人カードと個人カードの違いは申込審査や複数枚発行、分割払いの有無に違いがあります。現金化業者が法人カードを優遇するのは、ビジネス利用は単価が大きくリピート率も高いからです。

法人カード個人カードの違い

社内の極秘用紙

現金化業者は法人カードを優遇している所も多数ありますが、個人カードと比べて現金化業者側のメリットはありません。
会社を経営している場合は、従業員用に複数枚のカードを発行できるメリットのある一方でキャッシングや分割払いができないなどデメリットもあります。

スペックの違い

・家族の人数分しか追加発行できない個人カードに対して、法人カードは複数枚作れる(一部制限あり)
・法人カードは原則、分割・リボ払いができない
・法人カードの方が高額な限度額に設定しやすい
・法人カード申込時には法人と経営者(申請者)の双方を審査される

法人カードを作る目的

法人カードは後払い決済にできるので資金回転を良くできるメリットもありますが、経営者の多くは税金対策のしやすさを一番の目的にしています。
現金を個人用と会社用で分ける手間も少なくなりますし複数枚発行して従業員や役員へ持たせることもできます。
利用履歴も確認できるので、資産管理もしやすいです。
ETCカードを複数枚作れるのも魅力です(所有している車×5台を上限)、社長のみの個人経営や個人事業主と従業員の多い大企業の双方で幅広いメリットがあります。

クレカ現金化が法人カードを優遇する理由

現金化を活用する法人の多くは売掛金対策にしているケースが多です。
売上を上げても入金は翌月末や翌々月末にしている取引先も多く、仕入れ費用や運転費用で資金回転効率が悪くなってしまいます。
特に仕入コストが高い小規模業者は大きい仕事を受注したら現金化で資金調達されるケースが多いです。
つまり、法人カードは1回で決済する金額が大きくて繰り返し利用する上客が多いです。
現金化業者からしてみれば、カード会社に支払う手数料は原則個人カードでも法人カードでも同じです。
しかしお客の質が高いため法人カードを利用する場合は換金率を優遇して薄利でも顧客を獲得しようとしています。

法人カードの審査は厳しい

法人カードを作るには、黒字決算の実績や安定性など幅広い項目で個人よりも厳しい審査を行っています。
会社経営者でも法人カードを作れずに社長名義の個人カードを仕事用で使っている人も多数います。
経費計上するにあたっては個人カードを使っても問題ありません。
会社を経営するなら、景気が良くてカード発行審査に通る見込みがあれば、必要性を感じなくても作っておけば安心です。
一部のクレカ現金化業者は個人名義のカードでも用途がビジネス利用なら換金率を優遇してくれる場合もあります。