クレジットカードの利用限度額は増額申請をすることができます。

twitter facebook google plus
無料ご相談受付はこちら
フッターメニューへ

クレジットカードの限度額は増やすことが可能?

クレジットカードの利用限度額は、カードの上限設定の範囲内で、申請によって手軽に増額申請できます。ショッピング枠の増額は比較的審査に通りやすいです。

利用限度額増やすには

クレジットカードと紙幣

クレジットカードの限度額は、発行する時には少なくてもいいと思っていても発行してから物足りなくなってしまう事がよくあります。

最初は旅行保険の特典を目的にしたり、各種支払いのみの最低限の利用を予定していても、支払の便利さやポイント還元のメリットなどがあり、だんだん利用金額は増えていくものです。
最近では、インターネットのプロバイダ料金や、スポーツジムの会費、ナット通販などクレジットカード払いしか選べないサービスも増えてきています。
ここでは、カード発行後に利用限度額を増やす方法を紹介します。

カードの最大限度額確認する

クレジットカードの限度額は審査に通れば無制限で増えていくものではありません。
カードの商品ごとに最大限度額が定められています。
学生やアルバイト向けのカードは利用限度額の上限自体が30万円や50万円の低額に設定されている事があります。
ほかにも、ゴールドカード以上でないと100万円以下の限度額までしか対応していないカードが多いです。
カードの上限限度額と、自分が持っているカードで設定されている限度額を確認して、増額余地がどれほどあるのか確認しておきましょう。

利用限度額増額申請をする

クレジットカードの限度額に増額余地があれば、WEBマイページや電話窓口を通じて増額申請を行います。
増額申請は、カード発行時から住所や勤務先などの情報に変更がなければ、原則提出書類不要で審査申し込みができます。
数日の審査を経て、増額の可否の回答があります。

増額審査は満額回答のほかに、希望条件よりも引き下げるが既存の限度額より高い条件で審査回答がある場合があります。
少しでも高い限度額にしたい場合は、思い切ってカードの限度額上限の最大値を増額申請額にする方法もあります。

利用限度額の増額はすんなり可決される事が多い

増額審査は厳しいと思われる方が多いですが、フルタイムで働いて、他社からの借入額や返済履歴に問題がなければ、すんなり可決される場合が多いです。
その理由は大きく分けて2つあります。

  • ・カード会社は利用してもらうほど儲かる仕組みだから(他社のカードを作られるより、自分の所のカードでたくさん使ってもらいたい)
  • ・複数枚のカードを持つより、1枚のカードで利用限度額を増やした方がキャッシング枠が少なくて済む

クレジットカードのショッピング枠はキャッシングとは性質が違うため、高額な利用限度額でも、比較的ゆるい審査で増額できます。
さらに、それまでクレジットカードは返済遅延なく利用してきた実績があれば、他社で新規発行するよりも、既存のカードの限度額増額をした方が有利に審査を進められます。