消費者金融は2000年~2010年で50%減少という衰退の道を進んでしまっています。

twitter facebook google plus
無料ご相談受付はこちら
フッターメニューへ

なぜ消費者金融離れは加速してしまったのか?

消費者金融衰退の背景には、過払い金問題だけではなく、銀行系カードローンやその他のサービスの躍進で、利用者の消費者金融離れが進んでいる事情があります。

なぜ消費者金融衰退したのか

街を歩く人々とお金の画像

金融庁発表の資料によると、消費者金融の貸付残高は2000年~2010年でおよそ50%減少しています。
2010年以降も衰退の勢いは止まらず、2015年度の業界動向では2010年比で10%のマイナス成長になりました。
消費者金融がここまで衰退してしまった背景について紹介します。

過払い金問題だけの話ではない

2006年以降、グレーゾーン金利がNGになり過去に遡って過払い金請求ができるようになりました。
過払い金問題によって消費者金融業者の財政は大きく悪化して、倒産した消費者金融も多数あります。

消費者金融業態に与えた影響は大きいですが、貸付残高の減少に関しては別の要因が考えられます。
景気に関わらず、借金の需要に大きな変化はないのですが、お金に困った人が消費者金融以外の資金調達に流れている事が業界全体が衰退している要因です。

銀行カードローン躍進

消費者金融が衰退する中で、大きな成長を遂げたのが銀行のカードローンです。
銀行は審査が通りづらく、契約の手間がかかるデメリットがありましたが、審査に通りやすい低額限度額プランの登場や自動契約機やネット申し込みなど利便性が向上しました。

また、銀行カードローンは消費者金融に比べて金利が低いです。
大手消費者金融はグレーゾーン金利の廃止によって以前よりも審査が通りにくくなりました。
正社員雇用や他社の借入がない方など、本来消費者金融が上客としていた利用者層が銀行系カードローンに流れています。

その他サービスの躍進

ネット決済など後払い方式ができるサービスが増えて、現金が活躍する機会は年々減少傾向にあります。
お金が足りなくなったら、現金を使わずに乗り切る方法が増えています。
また、クレジットカードのショッピング枠を現金に変えたり、不要なものをネットオークションで高く売るなど、ネットやクレジットカード、ネットバンクの普及によって、お金に困ったときに便利なサービスが多数登場しています。

借金や資金難で困った経験がない方も、スマホの普及で生活が便利に感じるようになった事が色々と思い浮かぶと思います。
こうした時代の変化とともに、消費者金融に変わるサービスや、お金を調達するノウハウが変化している事も要因です。
消費者金融も以前に比べて利便性が向上していますが、契約書類の発行や勤務先への在籍確認などアナログ方式がいまだに多数残ってしまい、流行に敏感な利用者からキャッシングという選択肢が少なくなってきています。