年会費無料の法人カードの中では三井住友ビジネスクラシックが人気を集めています。

お問い合わせはこちら
フッターメニューへ

【法人カード】年会費無料より有料カードのほうが人気アリ?

年会費無料の法人カードはビジネクスト、三井住友ビジネスクラシックなどが人気です。追加カードの発行可能枚数や年会費も確認して選ぶとよいでしょう。

年会費無料法人カード

高層ビルを見上げて見える青空

法人カードも個人向けカードと同じで年会費無料のカード有料のカードがあります。
個人向けの年会費無料で人気の楽天カードでもビジネスカードでは2,160円の年会費がかかるなど人気カードの種類も変わってきます。

また、法人は従業員用に複数枚のカードを活用する需要も大きく、追加カードの発行手数料や年会費もポイントになってきます。
年会費無料でオススメの法人カードをまとめました。(2018年最新版)

年会費無料オススメの法人カード

・ビジネクスト法人カード

年会費、追加カード年会費、ETCカード発行手数料無料

ビジネクストはビジネスローンで人気の会社です。
法人カードの中では審査も緩くて限度額100万円以下であれば代表者の本人確認書類のみで審査可能です。
カード提示のみで利用できるレンタカー割引など事業者に喜ばれる付帯サービスも充実しています。
個人やフリーランスでも利用できて小規模業者に人気です。

・三井住友ビジネスクラシックカード for Owners(一般)

インターネット入会で初年度無料、マイ・ペイすリボ申込で翌年度以降も無料、追加カード年会費432円

登記簿謄本、決算書の提出不要で手軽に申込できます。
大手の一般向けカードでも人気で、代表者の三井住友カードのクレジットヒストリーを審査で反映されるケースもあります。
将来的にはゴールドやプラチナへのステップアップも可能で、利用履歴に応じて限度額増額も柔軟な対応を受けられます。

・P-one Business MasterCard

年会費初年度無料、一度の利用で翌年度以降も無料、追加カード年会費

代表者、個人事業主との個人契約になるカードです。
追加カードも6枚まで発行できて最高限度額は300万円です。

・ライフカードビジネス

年会費永年無料、カード発行枚数上限なし、付帯保険なしのシンプルなカード

カード1枚あたり年会費2,000円のゴールドカードも人気です。
一般カードでも最大限度額は500万円で、とにかく法人用カードを安く使いたい人におすすめです。

年会費無料カード需要は低い

法人の場合は年会費1,000~2,000円程度のカードの方が無料カードよりも人気があります。
有料カードは付帯サービスの充実や最高限度額などスペック面で優遇されます。
法人カードなら年会費も経費計上できるので多少のコストをケチってスペックの低くなるリスクを嫌がる経営者が多いです。

法人カードでもポイントは貯まるので、利用頻度次第では年会費は簡単に元を取れます。
年会費数万円以上のカードも法人向けは需要が高いです。