クレジットカード現金化は土日祝日も可能?特徴と換金率を徹底解説します。

twitter facebook google plus
無料ご相談受付はこちら
フッターメニューへ

店舗型業者が強い?土日祝日のクレジットカード現金化

現在、店舗を持たないネット型のクレジットカード現金化業者を用いる現金化方法が主流ですが、店舗での営業を行う店舗型は年中無休で営業しているケースが多く、土日や祝日といった休日に高い需要があります。

現金が必要になるのは連休前

土日祝を含むカレンダー

世間一般的にみれば連休前や給料日前に現金が必要となる事が多く、中でもスロット、競馬に関しては週末に行く方がほとんどでは無いでしょうか。
娯楽、家族サービス、急な支払い、と現金が必要な理由はそれぞれだが、現金が週末に必要になるケースは多い。

クレジットカード現金化をする理由TOP3には入るであろう「結婚式のご祝儀」だが、これも土日祝日の大安に集中する事が多く、週末に現金が必要となる理由の一つとなっています。

土日祝日可能なクレジットカード現金化

基本的には休日でもクレジットカード現金化は可能ではあるが、商品を買い取ってくれる「買取ショップ」が休みを取ってしまう事が多い為、事前の確認が必須となります。
東京、大阪その他大都市と呼ばれる地域であれば常に換金が可能だが、地方都市部になると金券ショップ・質屋・現金化業者が土日祝日休みである事は珍しくありません。

現金化業者はネット型が主流

ネット型と呼ばれるクレジットカード現金化業者が年々増加傾向にあります。
ユーザーはPC・スマートフォン又は携帯電話等があれば簡単に申し込みが行う事ができ、業者側は店舗を構える必要がないためコストを非常に抑える事が出来る、という正にWIN-WINな関係となるためです。
近年では都市部で稀に店舗型の現金化業者を見かけるぐらいで、既存業者のほとんどがネット型に移行してきています。

ネット型のメリット

「業者側は維持コストを安く抑えられる」というメリットに関しては前述した通りだが、これはユーザーにとっても大きなメリットと言えます。
理由は下記の通りです。

・必要経費が安いため、店舗型に比べて換金率が高い
・営業時間が長い
・土日祝日可の業者が多い

と、ユーザーにとっては非常に嬉しいメリットが多く、また、業者も得をするというビジネスモデルなのです。

休日ならネット型の現金化業者がオススメ。だが・・・

以上の理由から、私は土日祝日の現金化については「ネット型のクレジットカード現金化業者」を利用する事をお奨めしたい。
しかし、利用するに当たって以下の点に注意する必要があります。

土日営業を行う業者は限られている

土日や祝日に営業を行っている業者は未だ少ない。
銀行が休みとなっているため、現金振り込みを主とするネット型では特にその傾向が強くみられ、弱点と言っても過言ではありません。
まずは「業者選び」が第一関門と言ったところです。

換金率が低くなる可能性

クレジットカード現金化あるあるなのだが、業者側は何かと理由を付けては換金率を引き下げようとしてきます。
手数料を高く設定している業者や、「休日料金」と称して換金率を下げてくる業者も多い為、きちんと確認し納得した上で取引を行うよう心掛けましょう。

特定の口座を持っている必要がある

ゆうちょ銀行を始めとして同銀行間の送金だと休日や15時以降でも即日着金が可能なため、土日祝日でも出金が可能となります。
しかし、これはあくまでも業者側が対応している口座を予め持っていなければなりません。
自身の所有している口座が対応しているか取引前に確認しておく必要があるだろう。

本当土日対応なのか

業者のホームページでよく土日祝日対応や24時間対応という文字を目にするが、実際に記載通りの営業を行っている業者は稀です。
ほとんどは小さく「受付」という文字が入っていたり、電話しても繋がらなかったり、メールが返信が無かったり、という状態です。

土日営業を謳う業者の半分は営業していない

どのくらいの業者が実際に土日営業を行っているのか調査してみたところ、ホームページ上で土日対応の記載がある20社の内、連絡が取れたのは僅か8社と、半分に満たないという結果となりました。
多かったのは、やはり申し込みを行っても連絡が無いという展開です。
土曜日に申し込んだにも関わらず連絡が入ったのが月曜日という業者がほとんどでした。
(業者側に確認した所、「申し込みは24時間可能ですよ!」と頓珍漢な答えが返ってきた。)

銀行が休日という事で対応が難しい状況になってしまうのは分かるが、大半の人は休日に現金が必要になるため、もう少し柔軟に対応してもらいたいところです。

少ないが営業している業者もある

前述した通り、土日営業を行う業者はほぼいなかったが、一部通常通りの営業をしていました。
やはり平日に比べると換金率やレスポンスが下がる傾向にあり損をしてしまう可能性は否めないが、平日と何ら変わらない換金率及びスピードの優良業者も確認されているのも確かです。

休日利用最終手段

休日でのクレジットカード現金化は、平日に比べると対応業者が少ないため、選択肢が少なくなってしまうというデメリットが挙げられる。

高換金率の業者も存在しているが、サービス内容が必ずしもマッチしているとは限りません。
休日利用は出来るだけ避け、週末前の木・金曜日辺りで予め行っておく方が無難だろう。
万が一必要になった時のために休日対応の業者を念のため紹介しておきたいと思う。

365日対応のクレジットカード現金化業者はこちら↓

キャッシュライン詳細ページ