クレジットカードは各会社の保険や特典を重視して作る方も多いです。

twitter facebook google plus
無料ご相談受付はこちら
フッターメニューへ

クレジットカードの不正利用保険・旅行保険とは?

クレジットカードに付帯している保険では、不正利用保険、ショッピング保険、旅行保険、個人賠償保険などがあります。保険の内容でカード選びをする方も多いです。

クレジットカードに付帯する保険について

クレジットカードの保険

クレジットカードには様々な保険サービスがあります。

カードを比較する時は、保険や特典を重視して選ぶ方が多いです。ここでは主要なクレジットカードの保険の内容を紹介します。

不正利用保険

ほぼ全てのクレジットカードに標準装備されています。
スキミングやオンラインショッピングなど第三者に不正に決済された場合の代金が弁済されます。

ただし、不正使用から2ヶ月以上経過や暗証番号の適切な管理など、条件によっては保証されない事もあるので注意しましょう。

ショッピング保険

不正利用保険と混合される方が多いですが、自分のためや贈与品として購入した商品に欠陥があった場合に保証してくれる保険です。

お店の信用性が低い場合には現金決済よりも、カード決済の方が安心できます。

基本的には、購入した商品に欠陥があり販売店が保証してくれない時に、保険で同じ商品の購入費用を負担してもらえます。

旅行保険

クレジットカード選びで重視される方が多い特典項目です。
カードによっては自動付帯されない事もあり、補償内容もカードごとで異なってきます。

ゴールドカードなど年会費が高いクレジットカードほど充実していて、年会費無料だと旅行保険そのものが付けられない場合もあります。

また、国内旅行や海外旅行に限定されている場合もあるので、しっかり比較検討しましょう。
海外旅行保険はその都度保険会社から加入すると1週間で1万円前後の費用がかかります。
補償が充実している場合は、家族などの同伴者の補償も賄える場合があります。

年会費無料で付いている海外旅行保険は、補償範囲が狭く万が一のトラブル時に思い通りの保障を得られない場合もあるので注意しましょう。

旅行が多い人は年会費が高くても保険が充実しているカードを選ぶとよいでしょう。

個人賠償保険

日常生活のなかでは、様々な理由で他人に損害を与えてしまうリスクがあります。

例えば自転車の加害事故や、愛犬の散歩中に他人を噛んでしまう、子供が野球で他人の家の窓を割るなどといった、個人が自動車の運転などを除いた特定の条件で加害者側の賠償負担を補償します。

あくまでも他人への賠償に限定した保険で、身内同士のトラブルは原則補償されません。

犬を飼っている方や子供がヤンチャなど家族構成によって加入の必要性が変わってきます。
クレジットカードに付帯される事は少ないですし、自動車保険の特約でも同等の補償を付ける事ができます。

個人賠償保険に興味があれば、付帯しているクレジットカードを優先して選ぶようにしましょう。