借金をする人の中にはやむを得ない事情でお金を借りる人もいます。

twitter facebook google plus
無料ご相談受付はこちら
フッターメニューへ

借金を繰り返してしまう人の心理状態

借金する人の心理状態は、今回だけと自分に言い聞かせたり、冷静さを欠いたり、危機感が麻痺しているケースなどかあります。

借金をする人の心理

借金に苦しむ女性

「借金だけは絶対にするな」

このように教育や指導を受けた事はありませんか?
借金は利息の負担が大きく、長い期間に渡って返済義務が残るため、生活費を圧迫します。

お金がどうしても必要になる場面に遭遇した時には、家族や友人、知人にお金を借りるよりも、銀行や消費者金融、信販会社から借入をした方が周りに迷惑をかけないで済むので、一概にキャッシングが悪い事とは言い切れません。
しかし、やむを得ない状況でも借金をする事は精神的ダメージが大きいですし、本当に必要なお金以外の目的で気軽に借金を繰り返している人もいます。
借金する人の心理について紹介します。

「今回だけ」、「すぐに一括返済する」

借金を初めてする人の大半は、今回だけなどと自分の中で特例扱いにしたり、次の給料日で返すマイルールを設定しています。
約半分の人は有言実行できますが、残りの半分は借金した時は気を引き締めていても、少し時間が経過するも借金当時の気持ちを忘れてしまいます。

借金は中毒性があるのど、一度借金癖が付くと簡単に立ち直る事は難しく、どんどん些細な事で借金するようにななって借入残高が増加していきます。

自分の思い通りの展開しか考えていない

すでに借金癖が付いている人に多い傾向ですが、借金をする瞬間は冷静さを欠いて非常に狭い視野でしか物事を考えられない状態に陥っている場合があります。

例えばギャンブルで次は必ず勝つから、すぐに返済できると考えたり、今の仕事はこの先も続けていくし、昇給や出世で収入も増えてボーナスも安定するので長期分割も問題ないなどと計画を立てる場合があります。
ほかにも、知人に貸したお金が近日中に返ってくるなど、全て自分の思い通りに行った事しか考えず借金に手をだしています。

もちろん、思惑通りに進む事もありますが、ギャンブルで負けたり、仕事が嫌になって転職するなど人生には思い通りに行かないことがたくさんあります。
借金を返せなくなる人の多くは借入時に精神的不安定な状態で視野が狭くなっています。

借金悪い事だと思えなくなる

借金をしない事が理想で、どうしてもお金が必要で借入をする時は、危機感を持たないといけません。
しかし、借金する人の心理は、自分の立場ではしょうがないと開き直っている事が多いです。

実際にどうしようもなく、借金してしまう場面もあると思いますが、底なし沼に飲み込まれないように、お金を借りる時と借りた後は危機感をもって乗り切るようにしましょう。