クレジットカードには必ず番号が記載されており、とても重要なものになります。

お問い合わせはこちら
フッターメニューへ

カード番号の最初の6桁でブランドと発行会社が分かるって本当?

クレジットカードの番号には様々な情報と意味が含まれています。最初の6桁はブランド名や発行会社が分かるようになっており、最後の1桁はチェックデジットとなります。カードの裏面にあるセキュリティーコードも重要なので覚えておきましょう。

意外と知らないクレジットカード番号の情報

散らばるカラフルな数字

クレジットカードには必ず番号が記載されており、それが決済する際に重要となります。
多くの人はカードの数字は16桁だと思っているかもしれませんが、必ずしもそうとは限らないのです。
日本で多く普及しているVISAカード、マスターカードなどはすべて16桁ですが、海外のクレジットカードだと15桁、あるいは14桁のこともあります。

4桁の数字が4つのブロックになって記載されていますが、海外だと4桁、6桁、5桁とバラバラのブロックになっているのです。
このように桁数が違うクレジットカードの番号では、どのような意味があるのか見てみたいと思います。

まず、最初の6桁でカードのブランドと発行会社が分かるような仕組みになっています。
これを発行者識別番号と呼んでおり、国際ブランドやカードの発行会社ごとに割り当てられています。
例えば、日本でお馴染みのVISAカードであれば、最初の1桁が「4」と記載されているでしょう。

7桁目以降の数字に関しては、会員口座番号と呼ばれる役割を持っています。
ここからが個人を識別するためのカード番号で、他人に知られないようにしておく必要がある情報なのです。
最後の桁にも意味があり、これはチェックデジットと呼ばれています。
入力した番号がチェックする機能が備わっており、桁数が足りない場合などはエラーになる仕組みが入っているのです。
ただ数字が並んでいるように見えるクレジットカードでも、そこには様々な意味と情報が込められています。

カード裏面も大切

クレジットカードの表には16桁、あるいは15桁などの番号が記載されていますが、裏面にも重要な情報があるのです。
それがネット上の決済で必要となるセキュリティーコードです。
このセキュリティーコードが流出するとクレジットカードを悪用される恐れが高くなるので、すぐにカードを作り変えるべきです。

セキュリティーコードは目視でしか確認できない番号になっています。
クレジットカードの情報はスキミング等により磁気データ情報を抜き取られる恐れがあります。
しかし、カードの裏面に記載されているセキュリティーコードは目視で無ければ確認出来ません。 文字通りカードの不正利用を防ぐ役割を持っているのです。

何気無く使っているクレジットカードですが、そこの記載されている番号には多くの意味があります。
時にはクレジットカードの仕組みに注目してみるのも良いかもしれません。