海外のクレジットカードでもキャッシング枠があれば現金化は可能です。

無料ご相談受付はこちら
フッターメニューへ

海外のクレジットカードで現金化をする方法

海外のクレジットカードを現金化することは可能です。しかし、海外に在住していなければ作れないので非常に手間が掛かります。既に持っている場合を除き、海外のクレジットカードの現金化は有効では無いでしょう。

海外クレジットカード現金化

地球儀と世界地図の画像

海外のクレジットカードでも、キャッシング枠があれば問題無く現金化が可能です。
日本国内で信用情報が傷付いてカードが作れない状況でも、海外のカードなら作りやすいでしょう。
最近では海外のクレジットカードも国内で使えるようになっているので不便は無いです。

ただし、注意しなければいけないのがデビットカードと混同してしまうことです。
海外ではキャッシング枠を持たないデビットカードが多いため、間違って契約しないようにしてください。
また、カードによってはその国に居住している必要がありますし、納税の証明も行わなければなりません。 つまり、簡単にクレジットカードを持つことは出来ないのです。

さらに、クレジットカード現金化業者によっては対応しているカードが限られていることもあります。
現金化が目的であれば、契約前にカードが使えるかを業者に問い合わせてみるのが安全です。

海外クレジットカード利用難しい

冒頭で説明したように、海外のクレジットカードを持つには、海外に在住している証明や納税などが必要です。
日本国内から海外のクレジットカードを作るのは非常に大変なので、気軽に作れるものでは無いでしょう。
信用情報が傷付いている人なら海外のカードを考えるのも良いですが、それにはまず海外へ移り住むような手間があります。
海外へ行く莫大な費用が出せるなら、むしろそのお金を必要なことに使う方が良いでしょう。

何らかの理由によって既に海外のクレジットカードを持っている場合を除き、メリットはそこまで高くないと言えます。
海外のクレジットカードを持っているならキャッシング枠を利用した現金化を行えるでしょう。
しかし、カード作成から行うのはかなりの手間になるので基本的には難しいはずです。

デビットカード注意

日本国内では信用情報が傷付きカードが作れない、そんな人はなかなか諦められないでしょう。
そんな時に注意したいのがデビットカードの存在です。
海外のサイトは母国語での記載が多く、正確な情報を読み取りにくい状態になっています。
クレジットカードが作れると思っても、それは預金口座から引き落としになるデビットカードだったということが少なくありません。

デビットカードにはキャッシング枠が付いていないので現金化は難しいのです。
海外のクレジットカードを現金化する際には、これらの情報に注意して行うようにしましょう。