同じ商品を何度も購入しても利用停止にならない回避方法を解説していきます。

無料ご相談受付はこちら
フッターメニューへ

カードの利用停止後はどうなってしまうのか?

カード利用停止されても、カード会社に買い物の正当性を説明出来れば問題ありません。同じ商品を複数購入している場合は、友人へのプレゼントだと説明するのが良いでしょう。複数のカードを持って順番に使うなどの工夫を行うと利用停止のリスクが下がります。

カード利用停止

4枚のクレジットカードの画像

カード会社の自動検知機能に引っかかると利用停止の状態になってしまいます。
クレジットカードは使えなくなってしまい、キャッシングや購入が出来なくなるのです。
他人によるカードの不正利用が疑われる場合、現金化の利用が疑われる場合に利用停止は行われます。

では、カードが利用停止になった後はどうなるのでしょうか?
永久にそのクレジットカードが使えなくなるかというと、そうではないので安心してください。
ここでは利用停止後にどのようなことがあるのかをまとめてみます。

利用停止後どうなるのか?

クレジットカードが利用停止になると、カード会社から電話が掛かって来ます。
主な質問内容としては直近で購入したものの利用目的や用途が聞かれます。
PS4のようなゲーム機器を複数購入している場合は、知人や友人にプレゼントしたと伝えるのが良いでしょう。
売却している場合は現金化に該当するので利用停止が解除されない恐れがあります。

基本的に現金化していることを隠せれば特に問題は無いと考えて良いです。
購入したのが本人の意志で、現金化していないことを伝えられれば大丈夫でしょう。
矛盾するようなウソをつかない限り利用停止は解除されます。

利用停止に気付いたら、カード会社に自分から電話して質問するのも良いです。
カード会社の質問に答えられればその場で利用停止が解除されます。

利用停止回避するために

利用停止になっても、カード会社に正当性を主張出来れば解除してもらえます。
しかし、1度利用停止になるとカード会社のチェックが厳しくなるのでクレジットカード現金化はやりにくくなります。
こうした利用停止のリスクを回避するためにも、普段から複数のカードを持っておくのがおすすめです。

毎月のように同じカードで同じ商品を購入していると利用停止のリスクは高まります。
複数のカードを順番に使用して、自動検知機能に引っかからないように工夫するのが良いでしょう。

利用停止になっても正当な理由を説明出来れば良いですが、何度も不正利用を疑われる場合は最悪のケースもあり得ます。
最悪のケースとは、利用停止ではなく解約の手続きをされてしまう場合です。
何度も利用停止になると、カード会社によっては解約されるので気を付けましょう。
そんな状態にならないようにするためにも、普段から自動検知や利用停止のリスクについて備えておくべきです。