クレジットカードのリボ払いは借金に繋がる甘い罠が潜んでいます。

twitter facebook google plus
無料ご相談受付はこちら
フッターメニューへ

クレジットカードのリボ払い-借金地獄にならないための方法

リボ払いは魅力的な支払い方法に見えますが借金地獄に繋がる落とし穴になりかねません。

リボ払いには危険な落とし穴が潜んでる

女性の持つクレジットカードには実は便利な機能が付いています

現金で買うよりもクレジットカードを使う方が良いのは明白です。
クレジットカードであればポイントとして還元されるので、金銭的にお得なのです。

それならばと、買い物をすべてクレジットカードで行う人も居るでしょう。
そんな時に出て来る危険な落とし穴が、リボ払いなのです。

クレジットカードの支払い方法

クレジットカードでは一括払い、分割払いが選択出来ます。
一括払いの場合は、翌月に商品の全額が引き落とされることになります。
この際、引き落としの手数料は発生しません。
では、分割払いだとどうでしょうか?

分割払いだと、選択した回数で割った金額が毎月引き落とされますが、実はほんの少し手数料が上乗せされています。
これは一時的にとは言え、借金をしていることに対する利子なのです。

リボ払いとは?

まず、リボ払いの仕組みですが、これはクレジットカードで支払いをした金額に関係なく、毎月固定の金額を返済するものです。
例えば、10万円の商品をクレジットカードで購入し、リボ払いを選択したとしましょう。
そして、リボ払いの設定が毎月1万円の返済であれば、翌月に引き落とされるのは1万円だけなのです。
毎月1万円ずつの返済なので負担が少なく、余裕を持って返済出来るでしょう。

さらに、追加で20万の商品を買っても、毎月の返済金額は1万円のままなのです。
購入した合計金額がどれだけ大きくなろうと、毎月の返済金額は固定です。
これならば、我慢していたものがたくさん買える、そう思うかもしれません。
ですが、そのような浮かれた気持ちを持っているとリボ払いの落とし穴にはまってしまいます。

なぜなら、リボ払いは借金を帳消しにする仕組みでは無いからです。
いつかは全額を、利子を付けて返済しなければならないのです。
大抵のクレジットカード会社は、利子が年間で15~18%に設定しています。
つまり、10万の返済を抱えたまま1年が過ぎれば、それだけで15%も支払いが増えてしまうのです。

クレジットカードの危険な罠

リボ払いを繰り返すことで、借金が300万以上になってしまったケースもあります。
300万の借金を返済しようとしたら、相当な努力が必要になるのは言うまでも無いでしょう。
リボ払いは綿密な計画性を持って利用しないと、借金地獄への落とし穴となりかねません。
くれぐれもリボ払いの多用には注意しましょう。