架空の会社が運営するネットショッピングによる詐欺は、補償や返金が難しくなります。

twitter facebook google plus
無料ご相談受付はこちら
フッターメニューへ

クレジットカード関連の詐欺の手口まとめ

クレジットカードに関係した詐欺の手法をまとめました。やはり直接的に金銭に結びつきやすい分目をつけられやすいところがあると思われます。

クレジットカード会社を装った詐欺

詐欺に注意

クレジットカード保有者の増加に伴い、詐欺被害の件数も増えています。
注意深いから大丈夫と思っている人ほど、巧妙な手口に騙されてしまうのです。
詐欺の手口、そして対策を覚えておきましょう。

申し込みをする時には、連絡用にメールアドレスを登録するはずです。
通常、キャンペーンや関連会社のサービスを案内してくれます。
このメールを使った詐欺が、フィッシング詐欺と呼ばれるものです。

ログイン用パスワードを設定してから一定期間が過ぎたため、新しいパスワードを設定してください。
詐欺被害が発生していますので、本人確認のために次のURLからログインしてください。
上記のような案内が送られてきます。
詐欺撲滅のためにクレジットカード会社も真剣に取り組んでいるのだなと勘違いしてしまい、自分から個人情報を詐欺会社に流出させてしまうのです。

こうした案内は、本当にクレジットカード会社から送られてくることもあるため、送付先アドレスが正しいのかを調べなければいけません。
正規のメールであれば、公式ホームページのお知らせなどの項目に掲載されています。
フィッシング詐欺は不特定多数にメールを送信する手口ですので、詐欺メールであればネット上に注意喚起を促す人達の意見が投稿されています。
パスワードの入力や再設定を行う前に、最低限の確認は行いましょう。

補償や返金が難しい詐欺とは

盗み見やスキミングにより、クレジットカード情報が流出する恐れがあります。
フィッシング詐欺とは違い、本人の知らない間に犯罪者が情報を盗み出すため、事前に防ぐことは不可能だと言えるでしょう。

なりすまし詐欺の場合、カードの不正利用により被害を受けなければ、トラブルに巻き込まれているのかも分かりません。
多くのクレジットカードには、盗難保険が付帯されていますので、保険の範囲内で被害は補償されます。
身に覚えのない請求があったのなら、カード発行会社の問い合わせ先に連絡しましょう。

なりすまし詐欺

フィッシング詐欺やなりすまし詐欺というのは、騙されてしまった側に重大な過失がないと判断されるケースが多いです。
つまり詐欺被害に遭ったとしても、実損を被る可能性は低いのです。

では、どのような詐欺に注意すべきかというと、それは自分で決断を下すタイプの詐欺被害です。
例えば架空の会社が運営するネットショップで買い物をすれば、物品が送られてくることはありません。
しかし購入者本人がお店を選び、自分の責任で注文を出しているため、詐欺だと分かっても返金が難しいのです。

インターネットが普及してからは、無料会員登録と謳いながらも有料の出会い系サイトに登録されてしまうといった巧妙な手口も出てきています。
明らかに値段の安いネットショップ、本来は有料であるべきコンテンツを無料配信しているサイトには裏があると疑いましょう。