自分で商品を購入して質屋に入れる方法もありますが効率はよくありません。

twitter facebook google plus
無料ご相談受付はこちら
フッターメニューへ

自分でクレジットカード現金化を行うと損をする理由

買った商品を質屋などに持ち込めば、自分だけでクレジットカードを現金化出来ます。しかし質屋の持ち込みの場合、6~7割程度しか手元に残らないため、かなり損になってしまうでしょう。

クレジットカード現金化自分でおこなう

自分でクレジットカード現金化をして手に入れたお金

クレジットカードの現金化と聞くと、いろいろと難しい印象が湧くでしょう。
ですが、クレジットカードの現金化は極めて簡単で、自分でも出来てしまうものなのです。

実は、現金化業者が表れるずっと前から、ショッピング枠の現金化は行われていたのです。
その方法とは、クレジットカードで商品を購入して、それを質屋へ持っていく方法です。

例えば10万の宝石を購入して、質屋から7万円を受け取るとしましょう。
これを行えば、見事にクレジットカードのショッピング枠を現金化出来たと言えます。
宝石の他には、家電製品やブランド品なども良く持ち込まれる商品です。

質屋だと6~7割買いたたかれる現状

法律に触れる心配も無く、極めて単純明快な現金化方法でしょう。
しかし、現実はそんなに甘くは無いものです。

質屋に商品を持ち込んでも、実際の値段の6割から7割で買いたたかれてしまいます。
10万の商品を預けているのに6万から7万しか手元に残らないのは、かなり損した気分になるでしょう。
そこで活躍するのが現金化業者なのです。

クレジットカード現金化業者の還元率は80%以上が相場となっています。

質屋よりもずっと高いキャッシュバックが実現されるため、多くの人が業者を利用するのです。

質屋で買い取ってくれそうなもの

このようにクレジットカードのショッピング枠を、自分だけで現金化することが可能です。
なるべく高く買い取ってくれそうな物を購入し、質屋へと持っていけば良いのです。

身近に質屋が無い場合は、貴金属やブランド品を買取ってくれるお店が無いか探してみましょう。 リサイクルショップなどは買い取りになってしまうため、金額は質屋よりもさらに下がりますので止めておくべきです。 何を購入すれば良いか迷った場合は、直接質屋へ行って高値で預かってくれそうなものを聞き出しましょう。

少し手間はかかりますが、それによって金額が大きく左右するのですから重要なことです。 もしも購入した商品が低価値だったら、泣きっ面に蜂の悲しい事態に陥るでしょう。

自分での現金化はリスクをともなう

ちなみに、新幹線の回数券を利用したクレジットカードの現金化方法が注目された時代があります。
ですが、現代でその方法を行うのは愚策としか言えない危険な行為となります。
カード会社は利用履歴を常に把握できる状態にあり、何度も何度も回数券を買うような履歴が残れば怪しむでしょう。

現金化を行っていることが発覚すれば、新幹線の回数券を売った件について警察が出て来るリスクさえあります。

結局のところ、クレジットカードの現金化業者という仕事がなりたつのは、それが一番効率が良いからです。

換金率、リスク、手間、そうしたものが業者に頼めば一番シンプルなのです。