クレジットカードにはステータスがあり、ランクが高いほど充実したサービスを受けられます。

twitter facebook google plus
無料ご相談受付はこちら
フッターメニューへ

クレジットカードの会社別ステータスを徹底調査

クレジットカードは会社によってステータスが存在します。アメックスのブラックカードは芸能人や社長がよく財布の中に入れていますが、年会費だけで35万の費用が発生し、持つのが難しいカードです。

クレジットカード会社別ステータス

高級店でもクレジットカードは会社別にステータスがあります

クレジットカード社会的な信用を得ているステータスです。
持っているだけでその人の格付けが決まってしまうほど、信頼が置かれているものなのです。
ブラックカードを持っている人であれば、多くの高級店やホテルからVIP待遇を約束されます。
羨望の眼差しと丁寧な対応を手に出来る力は、まさにステータスです。

クレジットカードの格付け

クレジットカード会社別に、どのようなステータスが存在するのか見てみましょう。
まず、クレジットカードそのものにも格付けがあります。
普通の人が手にしているクレジットカードは、誰でも手に入るノーマルなものです。
その中でも利用金額が毎年一定金額を超える人が、ゴールドカードを手にする権利を貰えます。
そしてプラチナカードブラックカードとランクが上がって行くのです

ステータスのあるクレジットカード

世界で最高ランクのクレジットカードは、アメリカン・エキスプレス・センチュリオンです。
アメックス、センチュリオンなどの名称で呼ばれ、上場企業の社長や大人気の芸能人が持っているのがこれです。
一般の人が持つクレジットカードは年会費が無料の物が増えています。
しかし、アメックスのブラックカードは年会費だけで35万の費用が発生します。
一般人にはまず手が出せない雲の上の存在でしょう。
ちなみに、入会条件は招待制で詳しい情報が非公開になっており、人々の羨望を集めています。

他にはダイナースクラブのプレミアムカードがあります。
こちらもアメックスカードに並ぶ最高ランクのクレジットカードで、国際的にも信用が高いものです。
年会費は12万とアメックスに比べれば安いですが、一般人からすれば高過ぎる金額です。
ただ、コンシェルジュサービスを利用出来たり、損害保険や盗難保険が1億円までカバーされるなどの手厚いサービスがあります。
高いポイント還元率も付いており、富裕層には必須のカードと言えるでしょう。

一般人でも手が届くクレジットカード

一般人でも手が届くクレジットカードだと、三井住友VISAプラチナカードが挙げられます。
ゴールドカードを手に入れることから始めなければいけませんが、年間で数百万の買い物をして利用実績を積めば良いです。
プラチナカードの発行条件を満たせば、インターネットの申し込みにより入手出来ます。
簡単ではありませんが、不可能な領域では無いのです。

クレジットカードと言っても100種類を超えるため、持つカードによって得られるステータスも変わります。
自分のライフスタイルに合うカードを選ぶのも良いですが、ブラックカードなどのステータスを気にしてみるのも良いでしょう。

⇒ブラックカードを持てる条件