闇金にお金を借りてしまった場合はまず弁護士に相談しましょう。

お問い合わせはこちら
フッターメニューへ

闇金問題で困った場合-弁護士・警察への頼り方と対処法

闇金でお金を借りてしまった場合は、すぐに弁護士へ相談を行いましょう。無料の法テラスに相談するのも有効なので積極的に利用してみてください。もし身の危険を感じた場合はすぐに警察を助けを求めるようにすると良いです。

闇金お金を借りてしまったら

電話をするヤミ金業者の男性

普通の消費者金融だと思ってお金を借りたのに、後になって闇金だと気付くケースは少なくありません。
近年では強面のヤクザのような闇金は少なくなり、好青年に見える人が闇金を営んでいることもあるのです。
闇金は違法な金利で利用者を苦しめるもので、完全な法律違反です。

もし、そんな闇金からお金を借りてしまったら、まずは返済する義務が無いことを肝に銘じましょう。
闇金には元金含めて1円も返済する必要が無いと法律で定めています。
法律を守らない者を法律が守ることはしないと裁判所が明確に判決を出しているのです。

闇金10万円を借りていたら、そのまま返済しなくて良いでしょう。
ただし、これはあくまでも法律上ではの話で、心情的には怖くて返済を拒むのは難しくなります。
そんな時は弁護士を頼ってしっかりと対応するのが望ましいです。

警察では無く弁護士へ

闇金問題の際に警察を頼ることがありますが、実はあまり役に立ちません。
民事不介入で警察はお金の問題には積極的に介入して来ないのです。
また、闇金だったとしても証拠を確保しなければいけませんので、やはりすぐには行動してくれないでしょう。
具体的な暴行を受けた、脅迫を受けた、そうした証拠がはっきりと残っていないと厳しいです。

それよりも簡単に解決出来るのが弁護士です。
弁護士であればすぐに闇金業者へ通知を送り、返済の義務が無いことを相手に伝えられます。
闇金業者も法律違反なのを分かっているのですぐに手を引くでしょう。
数万、数十万のお金のために逮捕されるリスクは取らないのです。

危険を感じたら警察へ

基本的には弁護士へ相談する方が良いのですが、身の危険を感じた場合は別です。
自宅まで押しかけて来てドアを叩く、毎晩電話で借金返済の催促をして来る、こうした恫喝が行われるなら警察へ行ってください。
自分だけならまだしも、家族や周辺の住人にまで迷惑が及ぶこともあるので注意しましょう。

警察も具体的な被害があると行動しやすくなるので、しっかりと証拠を持って相談するようにしてください。
状況にもよりますが、まずは話を聞いて欲しいと思うなら法テラスを利用するのも良いです。
国が法律問題をサポートするために設立した法テラスなら、電話相談などが無料で行えるので便利です。
闇金は非常に怖いですが、適切な対応を行えば撃退が可能です。
決して自分で何とかしようとは考えずに、専門家を頼るようにしましょう。