クレジットカードの中でもランクの高いゴールドカードを20代でも持つことが可能です。

twitter facebook google plus
無料ご相談受付はこちら
フッターメニューへ

20代のうちにゴールドカードを手に入れる方法

周りから尊敬の眼差しで見られるゴールドカードですが、20代でも申請を行えば手にすることが可能です。有名なのはヤングコールドカードで持ったまま30歳を迎えれば正規のゴールドカードへの昇格することも出来ます。

ゴールドカード20代でも持つことができる

20代でも持つことが可能なゴールドカード

ゴールドカード、それは通常のクレジットカードよりもランクの高いクレジットカードです。
カードのデザインも金色に輝くオシャレなものになり、持っているだけで羨望されるステータスです。
サービス還元率その他特典は一般的なクレジットカードよりも充実しています。

そんなゴールドカードですが、実は20代でも持つことが出来ます。
有名なのはヤングゴールドカードです。
ヤングゴールドカードとは、20代の人だけに発行されるクレジットカードで、審査基準が少しだけ緩くなっているのです。
また、通常のゴールドカードよりも年会費が安く、金銭的な不利をカバーする役割があります。

ヤングゴールドカードとは?

なぜわざわざ20代限定でヤングゴールドカードが発行されるかと言うと、これにはクレジットカード会社の思惑があります。
20代でゴールドカードを手にする人は、高確率でその後もカードを使い続けます。
つまり、クレジットカード会社は将来の顧客を、先に確保しておこうと言う目論見があるのです。

安定した収入があればアルバイトでも持つことが出来るため、ステータスとして持ってみるのも良いでしょう。
ただし、年会費の負担は決して軽くは無いので、身分不相応のカードは持たない方が無難です。

ヤングゴールドカードメリット

このようなヤングゴールドカードですが、様々なメリットが存在します。
一般的なクレジットカードであれば、ショッピング枠の利用上限は50万程度になります。
しかし、ゴールドカードは利用限度額の最低が50万から始まるのです。
数百万、数千万の買い物をする人であれば、若い内からゴールドカードを持つのも選択肢に入れるべきです。

他にも空港のラウンジを無料で使えるサービスを受けられたり、高級ホテルレストランで割引を受けられたりします。
海外旅行などの保険も充実しており、リッチな気分を味わえるのは間違いありません。

ヤングゴールドカードを持ったまま30歳を迎えれば、そのまま正規のゴールドカードへ昇格出来ます。
通常であれば厳しい信用調査が行われるのですが、それをスルーしてカードを手に出来るメリットは大きいです。
将来ゴールドカードを持ちたいと思っているなら、20代の内から手にするのも1つの手段でしょう。
ゴールドカードの上、プラチナやブラックカードを目指す人にもおすすめです。

ステータスとなるゴールドカード

周囲に金色のクレジットカードを持っている人は居ますでしょうか?
おそらく、ほとんどの人が一度も本物を目にしたことが無いでしょう。

それぐらい希少なカードだからこそ、持っている人は尊敬の眼差しで見られるのです。
20代でもゴールドカードは持てるので、ぜひ手に入れてみてください。