クレジットカード現金化に審査は必要なのか?その疑問を解決します。

twitter facebook google plus
無料ご相談受付はこちら
フッターメニューへ

個人情報を守る!審査を騙った悪徳業者の手口に要注意!

クレジットカード現金化には審査は本来必要ありません。顧客の審査に対する心理を巧みに利用した業者の手口を公開します。審査を騙った個人情報の抜き取りにも注意しましょう。

書類審査

書類と審査

クレジットカード現金化を利用する際の「審査」についてご説明します。
改正貸金業法が施行されてから、この「審査」という言葉を耳にすることが多くなった利用者の方も多いかもしれません。

総量規制により、利用者の年収に応じて融資限度額が制限され、いままでは通っていた審査が通らなかった方もいるでしょう。

そしてなにより、審査というと「面倒くさい」「時間がかかる」というネガティブなイメージをお持ちの方が多いかと思います。

ここでは、クレジットカード現金化における審査についてご説明します。
この審査というキーワードについて知っておくことで、悪徳業者に引っかかってしまうことへの予防にもなります。

まず結論から言いますと、クレジットカード現金化をする際に審査は必要ありません!
これには驚く方も多いかもしれませんが、別ページでも書かれているようにクレジットカード現金化は「金融業」ではありません。

お金を貸すのではなく、あくまでもクレジットカードのショッピング枠を利用して現金化するだけなので、審査は必要ないのです。
つまりショッピング枠さえあれば誰でも利用できます。

クレジットカード現金化業者のホームページを見ると、どこも「審査不要!」を謳い文句にしていますが、そもそも当たり前のことなので、決して惑わされないようにしましょう。

そして、実際に利用しようとした時に「審査が必要」などと言って必要以上に個人情報を聞き出そうとしてくるようなところはほぼ間違いなく悪徳業者です。

⇒悪徳業者の手口

では次に、必要書類について。

これもどこもほぼ共通で、以下の2つとなっています。

運転免許証・住基カードとクレジットカード

これらをスマホなどで裏表の撮影をして画像を業者に送る流れになります。

ここで、前述したように審査は必要ないのに、なぜこのような画像の提出が必要なのか気になる方もいるかと思います。

その理由としては以下が挙げられます。

・偽造カードや盗難カードによる不正利用の防止

・申込者と利用するクレジットカード名義が一致するかの確認

しかし、身分証明証は当然としても、カード情報まで必要なのかには疑問が残ります。

実際にこのようなカード情報は1件あたり4000円程度で売買されていて、それらが悪用されたりするケースがあるのも事実です。

その場の現金に困っていて切羽詰まっている利用者が多いため、すんなりカード情報も渡してしまうことが多いようですが、そこにはこのようなリスクがあるということを十分に理解しておかないといけません。

そして、リスクを承知した上で利用する際も、これらの個人情報はギリギリまで出さないようにしましょう。

最初から個人情報だけを抜き取ることだけを目的としているようなサイトも存在しますので注意が必要 です。