現金化業者一覧 都道府県別に探す

日雇いバイトは着実に現金を得る手段としては健全ですが、稼げる額には限界があります。

お問い合わせはこちら
フッターメニューへ

日雇いバイトに考えられるリスクやデメリット

日雇いバイトをする現金調達法はお金を得る全うな手段で危険性が低いです。ただし1日で得られるお金が限定されているほか、日雇いバイトをしている状況が身内にバレて状況が悪化するリスクがあります。他の現金調達法と比較し、自身の環境を整理した上で検討するとよいでしょう。

日雇いバイトをする

日雇いバイトイメージ画像
危険度:0

働いてお金を稼ぐことは、本来のあるべき姿でであり、トラブルリスクも限りなく低いです。

従来は日雇いバイトをする場合は派遣会社に登録するなどの事前準備が必要で、手軽に見つかる仕事はイベントスタッフや肉体労働系など職種が限られていました。
昨今はスマホアプリから登録をして、コンビニや飲食店など多彩な職種から即日現金払い可能の日雇いバイトを見つけられる求人サービスが普及しています。

周りの誰にも迷惑をかけない現金調達法なので、働く時間と資金調達までに1~2日の猶予がある方は積極的に検討してみてください。

ネックになるのは、調達できる現金が1日あたり数千円から1万円ちょっとにしかならないことです。
現金を得る以外の面でデメリットや危険性があることを理解した上で検討してみてください。

日雇いバイトのリスク

日雇いバイトは確実かつ安全に現金を調達できますが、以下のリスクデメリットがあります。

  • 掲示板など仕事の個人マッチングは支払いトラブルリスクがある
  • 同僚や近所、地元の人などに日雇いバイトしていることがバレる信用リスク
  • 肉体的、精神的な負担が大きい
  • 1日に調達できる金額が限られる
  • 一部で給料支払日が遅くなるケースがある
  • 好条件のバイトがすぐに見つかるとは限らない

働いてお金を受け取る場合、肉体的・精神的な負担があるのは致し方ないことです。
お金に困っている状況であれば、その辺は自分に厳しくすることを受け入れるしかありません。

日雇いバイトで注意しないといけないリスクは「身バレ」です。
学生や元々フリーターをしている人であれば気にする必要はありませんが、ある程度の年齢で正社員で働いている方は身バレリスクがあります。

身バレして困っている男性イメージ

明らかに日雇いバイトだと思われるような仕事をしている姿を身内にバレると、お金に困っている状況を疑われて悪い噂が流れてしまいます。
身バレリスクを懸念して遠い勤務地や身バレしにくい職種を選ぶと仕事の選択肢が減り、通勤時間や交通費の負担が大きくなりやすいので注意しましょう。

このように、こだわり条件が多い人ほど日雇いバイトをする弊害が発生するものです。環境に応じたリスクを考慮した上で検討するようにしてください。

着実に前進する重要性

日雇いバイトの危険度は低いですが、1日で得られる金額はいいとこ1万円程度です。
借金や迫っている支払いなどの金額が大きいと働く気力すら失っていることが多く、日雇いバイトで解決しようと考えただけ目先が真っ暗になることがあります。

しかし、資金難の状況で日雇いバイトをするなどして着実に前進すれば、得られるお金以外にメリットが発生するかもしれません。
個人間の支払いであれば、日雇いバイトで現金調達している旨を伝えれば支払い猶予を伸ばす。もしくは分割払いに応じて貰える可能性があります。

日雇いバイトをしている状況まで追い込まれていることを伝えれば、親や親戚などがお金を貸してくれる可能性も高まるでしょう。
数日働くだけで解決できる状況じゃない場合でも、日雇いバイトをすることで状況の悪化を食い止められるのであれば、試みる価値は大きいです。

日雇いバイトの給料では到底賄えないほどの大金が必要な場合は、日雇いバイトで状況悪化を防ぎながら他の対処法を考えてみてください。

まとめ

考え込む男性のイメージ

日雇いバイトによる現金調達で解決できる問題なら積極的に検討するべきです。
雇用主との間で生じるトラブルリスクは、大手求人サービスを利用することを条件に限りなく低いです。

ただし、立場や環境によっては日雇いバイトをしていることが身内に知られて悪い噂が広まり、必要以上の心配をされる恐れがあります。

また、働くことでストレスを溜め込んで、結果的にお金を使い込むなど状況が悪化するケースもあります。
それであれば、クレジットカード現金化など他の方法で楽に対処した方が良いケースもあるので、他の現金調達法も選択肢に入れて比較検討してみましょう。

なかには休日に日雇いバイトの予定を入れることでギャンブル依存症や浪費癖を克服できる事例や、資金難に対して真摯な取り組みをしていると評価されて周囲が助け船を出してくれることがあります。

このように日雇いバイトで解決するのが最適かどうかは、人それぞれの環境によって変わってくるので、自身の状況をしっかり整理しながら検討することが大切です。