現金化業者一覧 都道府県別に探す

親や知人からの借金はコスト的には最良の方法ですが、信用を失うというリスクがあります。

お問い合わせはこちら
フッターメニューへ

信用を失うリスク-親や知り合いからの借金とは

親や知人にお金を借りる場合、大概の場合は無利息で延滞してもノーペナルティですが、代わりに信頼という大きな代償を支払うことになります。軽い気持ちや甘い考えで頼るのはNGですが、多重債務へ陥るくらいであればプライドを捨ててでも頼るべきでしょう。

知人に借りる

親や知人に助けを求める画像
危険度:1

親や知人から借りる方法は、お金を借りる(支払い義務を負う)現金調達法の中でも最も安全で費用がかからない手段です。

事情を話してお金を貸してくれる親や知人がいる場合は、プライドを捨ててでも傷口を広げない段階で相談した方が良いでしょう。

ただし、お金を借りる相談をすること自体にリスクがあるので、他の方法では安全に対処できない状況で活用するべきです。
特にギャンブルや娯楽など不必要なお金の使い方を目的に借りるのは避けてください。

なお、ごく稀に返済を巡って民事訴訟や家族・職場へ取り立てをされるリスクがあることを考慮して、危険度1の評価をしています。

確実に返せる状況の場合

お金を確実に返せるイメージ

親や知人に借りる場合は、大半のケースで無利息で対処してくれます。
友人や同僚など親族以外の場合は、無利息で貸してくれたとしても、返済後に食事をご馳走するなどの埋め合わせをしていくとよいでしょう。

借入をする際のコストは圧倒的に他の方法より優れていますが、確実に返せるのであれば他の方法で対処することをおすすめします。
親や知人は善意によって無利息でお金を貸してくれることもありますが、お金を貸して欲しいと相談されれば嫌な気持ちになるものです。

なかには、断られた末に悪い噂を広められたり親から必要以上の心配をされることがあります。
それであればキャッシングの利息やクレジットカード現金化の手数料と分割払いの利息を払って対処した方が、周囲との関係を維持できる分だけ価値が高いです。

親や知人からお金を借りる人は、当初決めた期日通りに返せばリセットできると軽い気持ちで活用する方が多いですが、滞りなく返済しても信用が下がってしまうことがあるので注意しましょう。
確実に返せる状況なら、コストをかけた他の手段も検討してみてください。

人脈・友情はプライスレス

「金の切れ目は縁の切れ目」といった格言があるように、友人や知人にお金を借りて返さないなどの不義理を続けると友情や信頼といったかけがえのないものを失うことになります。

また、個人からお金を借りた場合は、借りる時は絶対に返す気持ちがあっても、その後に甘い考えが湧いてくることが多く、疎かな対応をしやすいです。
人脈や友情はお金では計れない価値があるので、ちょっとした金銭トラブルで大切な仲間や家族を失わないように注意してください。

紹介している通り、お金を返したとしても信頼を失うことがあるので、親や知人からお金を借りたら返した後のフォローをしっかり行いましょう。

確実に返せる確証がない場合

お金を確実に返せないイメージ

確実に返せる確証がない場合は、プライドや心配させたくない気持ちを捨てて早めに親や家族、知人に相談してください。

周りに心配をかけたくない気持ちや、借金を隠したい思惑で確実に返せる目処が立たないまま借入やクレジットカード現金化などを利用すれば確実に状況が悪化します。
結果的に借金がどんどん大きくなり、借金を新たな借金で返す。最終的には消費者金融やクレジットカード現金化でも対処できずに闇金に手を出すなど破滅の道を辿ってしまいます。

このように、返せる確証がない中で他の現金調達を繰り返すと、どんどん状況が悪化していくものです。
傷口を広げた結果、取り立ての連絡が家や職場に来たり訴訟を起こされるなど、周囲を巻き込んだトラブルに発展するかもしれません。

借金や支払い残高が膨らんでいく懸念があれば、お金を借りるかどうかは別にして、借金をしていることを早めに打ち明けるようにしてください。
身内にカミングアウトすることで、債務整理や闇金を相手にした弁護士介入などで対処できる場合もあります。

まとめ

当サイトの見解では、親や知人に借りるという方法をおすすめできる方のパターンは以下の通りです。

・借金を返済するための資金調達

・消費者金融やクレジットカードなど正規業者からの借入が困難(闇金から借りようとしている)

・友人に遊びに誘われてお金がないと断ったら貸してくれると言われた(確実に返済&埋め合わせをする)

・その他の方法だと返済不能な借金を抱えるリスクがある状況

このほかにも例外はありますが、無利息で返済遅延を起こしても大丈夫など、軽い気持ちや甘えのある考えで利用することはおすすめできません。

親や知人に心配させたくないという気持ちを持っている場合でも、他の方法で借入をして確実に返せるか分からない場合は、傷口が広がる前に検討しましょう。